【注意!】コロナの影響で確定申告の申告期限が延長

コロナの影響で確定申告の申告期限が延長

はじめに

こんにちは。影谷(かげたに)です。

もうご存じの方が多数とは思いますが、念のために改めてお伝えします。

2020年2月27日、国税庁より確定申告期限の1か月延長が発表されました。

本来であれば明日、3月16日(月)が確定申告の締切ですが、今世間を震撼させている「新型コロナウィルス」感染症の拡大防止の観点から2019年分申告所得税(及び復興特別所得税)、個人事業者の消費税(及び地方消費税)の申告期限・納付期限が、2020年(令和2年)4月16日(木)まで延長となります。

本日は納付期限の延長について考察したいと思います。

記事の信頼性

 

この記事を書いている私は、過去に赤字経営だった事務所経営を黒字化し、年商2億円を売り上げていました。

現在も事業イベントプロデュースのビジネスに携わる傍ら、日本中の知識人から学んだ経営術を伝える当ブログを運営しています。

特に対面営業と経営実務に関することを追求するのが好きです。

「新型コロナウィルス」の予防のため、申告期限の延長

■所得税の申告期限・納付期限
 2020年2月17日(月)~2020年4月16日(木)

■消費税の申告期限・納付期限
 2020年1月6日(月)~2020年4月16日(木)

ということになりました。

またこのことにより、今後他の申告期限の延長も予想がされるので、該当者は注意が必要でしょう。

予測される他の申告期限の延長

①所得税の予定納税の期限の延長

所得税には、前年の実績に応じてその年の所得税の一部をあらかじめ前払いする予定納税という制度があります。該当者は第1期分として7月末、第2期分として11月末までに予定納税額を納めることになっています。

確定申告の期限延長に伴い、基準となる前年の実績確定が1ヵ月遅れるため、予定納税の時期も延長される可能性がありそうです。国税庁からの今後の発表等に注意しましょう。

②住民税の納期限の延長

住民税は税務署に提出した確定申告(一般の会社員等は年末調整)のデータに基づいて計算します。所得税の確定申告を行った場合、通常、住民税については特別な手続きは不要で、住所地の市区町村が計算した住民税が6月頃に通知される流れになっています。

つまり、令和1年分の確定申告のデータに基づいて、各市区町村は令和2年6月以降に納税すべき住民税を計算することになります。この元データとなる確定申告の期限が1ヵ月延長されることで、住民税の納期限がどのようになるかも注意が必要です。

なお、住民税の納税方法は原則として、自営業者等は6月以降、4回に分けて納税となります。

項目 決定 変更前 変更後
申告期限 令和2年3月16日まで 令和2年4月16日(木)まで
納税期限 令和2年3月16日まで 令和2年4月16日(木)まで
予定納税
第1期
令和2年4月21日まで
(今後の動向に注意)
予定納税
第2期
令和2年3月16日まで
(今後の動向に注意)
住民税
の納付
前年分の所得に基づき、
翌年6月以降に納付開始

(今後の動向に注意)

もし確定申告期限を過ぎてしまったら…

うっかりして確定申告書の提出期限までに確定申告書を提出できなかった場合は、3つの罰則を受けなければなりません。

1.無申告加算税を払う
2.延滞税を払う
3.青色申告特別控除額が10万円だけしか使えない

1.の無申告加算税は、原則として、所得金額50万円までは15%、それを超える部分については20%の罰金を追加で支払うこととなります。

また、2.の延滞税は、納付すべき所得税に年利14.6%(最大)の罰金を払うこととなります。どちらも個人事業主・フリーランスの必要経費にならない為、払い損になってしまうものです。

さらに3.の青色申告特別控除65万円は、期限内申告が前提となっているため、提出期限を過ぎてしまうと10万円の控除しかできなくなってしまいます。

まとめ

今、世界は誰も予想だにしなかった緊急事態に直面しています。

メディアや巷では「リーマンショック以上の危機」ということまでささやかれるほどです。

このまま経済低迷が続けば、世界が大混乱に陥ります。早くこの事態が収束してくれることを祈るばかりです。

また確定申告期限が延びたとはいえ、不要な支出をしないためにも「所得税の確定申告書」提出期限にはくれぐれもご注意ください。

「黄金の智恵袋」

本日もご覧いただき、誠にありがとうございました。

 

→注記

確定申告は2020年度の新型コロナウィルスの影響により、期限が延長されています。

税務署はケースバーケースで柔軟に対応すると発表しておりますので、確定申告がまだな方は税務署か市役所・税務課へご相談ください。

ABOUTこの記事をかいた人

影谷(かげたに)

執筆者【経歴】関西出身 ▶︎年商2億円の事務所経営経験(芸能関係/10年) ▶︎国内ポピュラーコンサート・イベント運営企画 業務に携わっています▶︎ Blog「黄金の知恵袋」 (最高月3万PV )運営 ▶︎ 元・超あがり症 ▶︎ ビジネスに関する税対策や経営実務が得意です ▶︎伝えたいこと:自分がビジネスマンとしてレベルアップしたときに経験した知恵と面倒な経営実務や財務処理、税の対策を中心に「経営で頑張る人」に悩みとその解決策をお伝えしています。▶︎メッセージ:このブログのビジネステクニックや思考力を実践して一流のビジネスパーソンを目指してください!